〒144-0053 東京都大田区蒲田本町2-6-9
(JR・東急蒲田駅東口 徒歩10分/京急蒲田駅 徒歩7分)

お気軽にお問合せください

診療時間:9:00~12:00/14:00~19:00
土曜は18:00まで
日曜は12:00まで
     受付は診療時間の30分前です

休診日:日曜午後・木曜・祝祭日

お電話でのご予約・ご相談・お問合せ

03-3733-6575

お役立ち情報 2019.12

動物病院として「お役に立つ」
「知っていただきたい」情報を
お知らせします。

ペットがいる被災家族の苦悩(2019/12/03)

避難所を断念、全壊認定家屋2階で暮らす

台風19号で浸水被害を受けた長野市豊野地区では、自宅に取り残された人々と多くのペットが救われた。だがその後、ペットがいるため避難所に入るのを断念し、浸水した自宅2階での生活を余儀なくされている在宅避難者も少なくない。苦境の飼い主を癒やし続けている小さな命をどう守っていけばいいのだろうか。

「それこそ毎日鳴きっぱなしになったら(他の避難者に)迷惑をかけてしまうから」同地区で農業を営むZ夫婦。夫(75)、妻(72)と飼い猫のミナミ(11歳)と暮らす。自宅は床上2.4メートルまで浸水して全壊認定された。

いつもと違う場所だと怖がり、夜通し鳴き続けてしまうミナミを連れて避難所に入ることははばかられたため、早々に断念した。一時的に誰かに預けることも気兼ねしてできない。ミナミが安心できる場所は、暮らし慣れたこの家しかない。

被災後、ミナミは夫婦の布団の横で安心したように眠るようになった。「怖い思いをしたんだろう。しばらくは自宅で避難します」と話すご夫婦。「大事な家族。家の中に泥が入ってきたけど、いつもと変わらずミナミが家にいることに救われている。生き物がいるといいよね」と愛猫をいとおしむ。

自宅近くを流れる浅川が氾濫した1013日朝、夫はビニールハウスでいつもと同様に農作業をしていた。午前6時ごろ、防災無線で決壊を知った。急いで自宅に戻ろうとしたが道はすでに冠水。妻やミナミを案じながらJR豊野駅に避難した。駅近くの倉庫に、1983年の水害を機に備えられたボートがあることを居合わせた人に教えてもらい、そのボートで救助に向かった。オールはなかったが、偶然流れてきた雪かき用のスコップで操り、住宅に取り残された人々を拾った。

「無事でいてくれ」。そう願いながらたどり着いた自宅で、妻はミナミを洗濯ネットに入れ、さらに風呂敷に包んで首から下げていた。2階のベランダから救助。その時のことは脳裏に焼き付いて離れない。

Sさん(69)はラブラドルレトリバーの太郎(1歳)とともに夫やZさんに救助され、ミナミやZさん妻とボートに乗り込んだ一人だ。

2階へ続く階段の残り3段まで水位が上がってきたタイミングでのぎりぎりの救助だった。Sさんは「犬と貴重品と避難しようとしたが、短時間で自宅前が冠水してできなかった」と振り返る。

Sさんもまた、太郎と避難所に入ることは早々に断念した。被災後太郎がほえ続けるようになったのだ。物置小屋の柱にくくり付けると興奮状態で柱をかじり土を掘るようになった。ストレスをため込んでいる姿を見かねて、毎日早朝と夕方に夫が所有するリンゴ畑に連れて行き、走り回らせてストレスを発散させている。


◇環境省は「同行避難」を推奨、運用は自治体任せ
東日本大震災でペットが自宅に取り残されるなどの問題が表面化し、環境省は飼い主がペットを連れて逃げる「同行避難」を推奨するガイドラインを策定した。災害時も被災者がペットを適切に飼育できるための支援内容を紹介しているが、運用は自治体任せが現状だ。

***************

今年の台風の被害は多くの方が深刻な状況です。人間と暮らすペットも同様、被災者と言ってもよいかと思います。ただここで「同行避難」の難しさです。「お役立ち情報2019.11」の「ペット同行避難」(18日)にも記載しましたが、やはり災害時にペットを守れるのは飼い主だけなのです。大切なペットを守るために、日頃から災害に備えて準備をしておくことは大切です。

吉村動物病院があるここ大田区には、避難所ペット対応マニュアルがあります。ぜひ、今後の対策の参考にしてください。

大田区の避難所におけるペット対応標準マニュアル
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/chiiki/bousai/hinanjyo/pet.files/manyuaru.pdf

続:妖怪!?(2019/12/02)

お役立ち情報2019.11」の「妖怪!?」(13日)の続編です。

どうも猫ちゃんを飼っているお宅では、前回の記事にあった「ふろみたがり」「よくそうのぞきみ」だけでなく、他にも仲間の妖怪!?が現れるようです…よ。

「垢なめ」
「フロノウエノボリ」
「センメンキノミズサイコウ」
「トカラニャーニャー」

結構、種類豊富です!
前回の記事をまだお読みになってない方は、是非お読みになってみてください。猫ちゃんを飼っている方は、❝もしかして!?あれがそうだったのか!!❞と、お気付きになるかもしれません。

やはり、世の中には私たちが知らないことが、まだまだたくさんあるのだと実感です…()

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

ご予約・ご相談・お問合せはこちら

お電話でのご予約・ご相談・お問合せはこちら

03-3733-6575

診療時間:9:00~12:00/14:00~19:00
※土曜日は18:00まで
※日曜日は12:00まで
※最終受付は診療時間の30分前です
◎診療時間30分前までにご来院されるか、また電話等でご来院のご連絡がない場合は受付を終了させていただきますのでご了承ください。

休診日:日曜午後・木曜・祝祭日

診療の順番は、その日の都合により前後する場合がございますこと、ご了承ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-3733-6575

■診療時間
9:00~12:00/14:00~19:00
土曜は18:00まで
日曜は12:00まで
受付は診療時間の30分前です
■休診日
日曜午後・木曜・祝祭日

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

診療時間:9:00~12:00
     14:00~19:00

△土曜は18:00まで
※日曜は12:00まで

※最終受付は診療時間の30分前です
休診日:日曜午後・木曜・祝祭日